月別: 2019年3月

出会い系サイトで割り切りしている既婚者同士でセフレ関係性。

既婚者だって我慢はしたくありません。


私は20歳の前半で結婚をしましたが、できちった婚だったので、新婚生活を楽しむことなく、20代は子育て人生を言う感じでした。独身時代にヨガの講師をしていましたが、それも出来なくなり、ひたすら家事と育児をする日々に疲れてしまい、夫は些細なことで喧嘩もよくしました。

そんな新婚時代だったので、新婚当時からいきなりセックスレス状態になりまして、あまり仲が良い夫婦とは言えない感じで過ごしてきました。
次第に子供が大きくなり、子供が小学高学年となった時には仕事復帰も果たしました。
人より早く子供を産んだぶん、復帰も早い段階でできたのですが、その頃は夫婦間は結構冷めていて、夫は浮気(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E6%B0%97)をする様になりました。
最初に浮気が分かった時は猛烈な喧嘩もしましたが、次第に、私ももう我慢することなく、この不満を外へぶつけようと思ったのです。

 

私が一番最初の出会い系掲示板を使ったのは、31歳の時でした。
最初はサイトの使い方がよく分からないので、プロフには独身と偽っていましたが、サイトを使いうちに既婚者の女性は人気があると言う事が分かったのです。

人妻の30代は特に需要があると分かり、その時から私は出会い系サイトを日常使いする様になりました。

 

一度目に会ったセフレは年上の既婚者のエッチ上手な男性でした。

出会い系サイトを使い始めは、どんな人が来るが分からないし、怖い人だったらどうしよう?となどと少し臆病になる事もありましたが、段々とサイトの上手な使い方や、私と同じ様に、肉体的な欲求で相手を探している人を探しあてられるようになりました。

一番最初に出会い系サイトを使って実際にあった人は、50代の既婚者男性でした。プロフ検索より相手からアプローチをくれた男性でしたが、凄く内容が分かり易くて、その分かりやすいエッチな表現に惹かれて、メッセを返して、そこから繋がりました。

彼は単純に奥さんとは破綻した関係で、とにかく出会い系サイトでは同じく肉体的に満足ができていない人を探している、自分はエッチには自信があると言うような内容から入ったので、その事をメッセで交換しているだけで、私は恥ずかしながら濡れてしまいました。

その時は夫とは1年に1度、義理でするような体の関係しかなかったので、とにかく男性の肌が恋しいと思っていたのです。
彼とは繋がった翌週の昼間に会えることになりました。

私が仕事がない日の昼間なら会えると伝えると、すぐに私のスケジュールに合わせてくれて仕事を休んでくれたのです。

初対面で初エッチをするのは不思議な感じて燃えました。

予め、お互いの画像を携帯に送りあっていたので、だいたいの雰囲気は分かりました。しかし、やはり待ち合わせの時は緊張しました。私は人生で初めてサイトで知り合った男性でしたので、本当に安全な人なのか?果たしてちゃんとくるのかな?色々と思いながら、待ち合わせ場所を目指すと、既に彼らしい人がいたので、私の方から声をかけました。

第一印象は小柄ですが、筋肉質なイメージの優しそうな顔の人でした。挨拶もそこそに、ご飯にするか?それともホテルへ直接いくか?ストレートに聞いてきたので、まず軽くお茶を提案しました。

慣れた感じで駅構内の店へ入って、少し話しをしました。しかし、彼がカフェでも手を握ってきたり、する気が満々でそんな大胆な彼の行動に惹かれて、すぐにホテルへ行くことにしたのです。

ホテルの部屋に入ると、彼は突然私をベットに倒してキスをしてきました。あまりにも早い展開なので、驚きましたが、凄く男性的で久々の男性の唇や指の先を感じて、あっと言う間に生まれたままの姿にされました。

彼はスーツを着たままで、私のバックから挿入をしてきたので、ベルトやズボンが私の肌に当り、少し違和感を感じながら、それでもあっと言う間に私はバックでいかされちゃいました。

掲示板サイトを使ったセフレとの出会いに成功体験を覚えた私

出会い系の掲示板を使って初めてあった男性が、とてもリード上手な年上で、久々に燃えるようなエッチをしてくれたので、私は正直一度目の出会いによって、完全に出会い系サイトでのセフレ募集になりました。

昼間の時間に男性とホテルで合って、抱かれる自分は本当に満たされる事も感じていました。
私の中の最低厳の条件としては、出会い系サイトで知り合った人とは、1度切りの関係と決めています。恋愛をするのではないので、一度だけホテルで思い切り割り切ってその時だけを楽しむと決めたのです。

そんな風にプロフに書き込むと、本当にいろんな男性からメッセをもらえました。
特に印象に残っているのは、たった3時間で3回もいかされちゃったのは、アブノーマルプレイを好む40代の既婚者の方でした。

彼には人生初の亀甲縛りをされて、バイブを使ってプレイをされたり、アナル経験もその日にしました。
最初は少し抵抗がありましたが、彼とアブノーマルを体験した事で、一時期はあえてアブノーマルプレイをしてくれる男性を求めてました。

また調教プレイをしてくれた50代の男性も凄かったです。彼とだけは特例で3回会いました。一回では調教を出来ないと言われたのです。たった3回の調教プレイでしたが、浣腸プレイをされたり、自分で自慰行為をさせられたり、とにかく女性として絶頂を経験できる体に3度でしてもらえました。

今後も自分のタイミングと気持ち次第で出会い系掲示板を使い続けると思います。今は肉体的には最高に満たされている日々です。
39歳 神奈川県 ヨガ講師 女性

 

Categories: hs

【出会い系サイトで知り合った巨乳の女の子と…】成馬外人出会いひまトークみたいなアプリ

大阪府在住30歳男性、建設会社の会社員してるタクヤです。
仕事で出会いが少なくちょっとムラムラしてた時期がありハッピーメールというサイトに登録しました。
別に大した理由はなく登録者数が多いから何となくハッピーメールを選びました。
がっつりアプローチしまくる予定だったので結構な金額を課金したのですがすぐに特定の女の子が見つかりました。
早希という25歳で百貨店の果物屋のテナントで働く女の子です。
顔はそこそこで少しふっくらとした印象です。
何カップか気になって仕方がなかったですが「早希ちゃん何カップ?」聞くわけにもいかず悶々としてました。
メールしだして3日目ぐらいに酔っていたのもあり「ライン教えて?てか今度会わへん?」と送りました。
早希はあっさりラインを教えてくれて会う約束もしてくれました。

大阪の梅田で昼から食事する予定で待ち合わせをしました。
待ち合わせ場所の改札口に向かうと早希はすでに待っていました。
見た瞬間下半身が甘勃ちしてしまいました。
やはり顔はそこそこ、というかギリギリOKかなというレベルなのですがかなりの巨乳です。
服装は薄い青色のスカートとそれによく合うベージュの長袖のシャツ、その上に薄手のカーディガンを羽織っています。
上品で好感が持てましたがシャツの膨らみがたまりません。
「お待たせ、早希ちゃん。だいぶ待たせちゃった?」
「ううん、さっき着いたところだよ。てかたっくん写真よりいい感じだね」
「え、マジで?やばいテンション上がってきた。(笑)ていうか早希ちゃんもめっちゃオシャレやなー」
「そう?百貨店で働いてるから服はよく買うんだけど」
「そーなんや。じゃーとりあえず飯行こか?昼やしそこらへんのカフェにしとこか?」
「うん、いいよー」
アカン、早希の胸にしか視線がいってない気がする。
店に着いたらフルボッキしてまうやろなぁ、なんて考えながらカフェに向かいました。
サンドウィッチを食べながら早速勝負に出ました。
「お酒飲んじゃう?」
「えー昼から?まぁいいけどーお酒好きやし」
キターーー
これでホテル行きのチケットは頂きました。
ハイボールやグラスワインを飲ませると早希は顔が赤くなり酔っているようです。
「じゃーそろそろ行こか?早希ちゃんだいぶ酔ってんちゃうん?」
「うん、大丈夫。どこ行くの?」
「ちょっと休憩しよっか?」
「えっどこで?」
「んーと、ホテルとかどう」
「え??いきなり??」
「いいやん。行こう、休憩するだけやし」
「ほんとにー?うーんじゃ行く?」
「うん。行こ行こ」
ホテルに着くなり早希を抱き寄せてキスをしました。
早希は驚いた様子もなくすんなり受け入れてくれましたが口は閉じたままです。
舌絡めようと頑張って耳を触ったり髪を撫でたりしましたがやはり口は閉じたままです。
我慢できなくなり「早希ちゃんも」というと少し舌を絡ませてくれました。
そして胸を揉んだのですがやはり巨乳です。
そして念願の質問をしました。
「早希ちゃん何カップなん?」
「え?何カップでもいいやん」
「え?教えてや、めっちゃ気になる」
「てかずっと見てたやろ」
「やっぱバレてた?」
「うん。私めっちゃ見られるし慣れてるからいいけど」
「で、何カップなん?」
「知らん?」
早希のペースになっていたので上を脱がしておっぱいを舐め回しました。
おわん型おっぱい、そしてピンク色の乳首の味は最高でした。
「美味しい?(笑)」
「うん、最高」
そして下も攻めました。
スカートはそのままでパンツだけ脱がして僕は犬になりました。
「やっ、あんっあっ」
「こっちもめっちゃ美味しい」
「うーん、ダメ?あー」
「美味しい、早希ちゃんの」
お尻の辺りまで舐めまくりましたので今度は僕が舐めてもらう番です。
早希のアソコが洪水状態なので入れたくなりました。
「早希ちゃんもー入れていい?」
「えっ」
「あーもう無理、ほらっあっ入っていく。あーめっちゃ気持ちいい」
「あーーーあっあっあっ」
「早希ちゃん早希ちゃん早希ちゃん」
「ん?あっあっあっ」
正常位で頑張ってましたが体位を変える余裕がなくなりました。
締まりの良いアソコや揺れる巨乳を見ていると発射したくなってきました。
「あー早希ちゃん、もーイキそう」
「あっあっ中はダメやで」
「うん早希ちゃんの顔にかけていい?」
「うん。いいよ。はぁはぁ」
「あーイクイクイクイク」
「あーーーー」
「あーでる」
痙攣するそれを僕は抜いて早希の顔にもっていきました。
ドピュドピュドピュドピュ
早希の顔に見事命中しました。
生え際から精子が垂れてる早希の顔の美しさといったらありません。
「早希ちゃんめっちゃでた」
「はぁはぁ、凄いね」
その後ダラダラと休憩してホテルを出ました。
「また会おうな」
と僕が聞くと、コクンとうなずいてくれました。
出会い系サイトであった最高の出会いです。
出会い系サイトマジサイコー

 

Categories: hs