【出会い系サイトで知り合った巨乳の女の子と…】成馬外人出会いひまトークみたいなアプリ

大阪府在住30歳男性、建設会社の会社員してるタクヤです。
仕事で出会いが少なくちょっとムラムラしてた時期がありハッピーメールというサイトに登録しました。
別に大した理由はなく登録者数が多いから何となくハッピーメールを選びました。
がっつりアプローチしまくる予定だったので結構な金額を課金したのですがすぐに特定の女の子が見つかりました。
早希という25歳で百貨店の果物屋のテナントで働く女の子です。
顔はそこそこで少しふっくらとした印象です。
何カップか気になって仕方がなかったですが「早希ちゃん何カップ?」聞くわけにもいかず悶々としてました。
メールしだして3日目ぐらいに酔っていたのもあり「ライン教えて?てか今度会わへん?」と送りました。
早希はあっさりラインを教えてくれて会う約束もしてくれました。

大阪の梅田で昼から食事する予定で待ち合わせをしました。
待ち合わせ場所の改札口に向かうと早希はすでに待っていました。
見た瞬間下半身が甘勃ちしてしまいました。
やはり顔はそこそこ、というかギリギリOKかなというレベルなのですがかなりの巨乳です。
服装は薄い青色のスカートとそれによく合うベージュの長袖のシャツ、その上に薄手のカーディガンを羽織っています。
上品で好感が持てましたがシャツの膨らみがたまりません。
「お待たせ、早希ちゃん。だいぶ待たせちゃった?」
「ううん、さっき着いたところだよ。てかたっくん写真よりいい感じだね」
「え、マジで?やばいテンション上がってきた。(笑)ていうか早希ちゃんもめっちゃオシャレやなー」
「そう?百貨店で働いてるから服はよく買うんだけど」
「そーなんや。じゃーとりあえず飯行こか?昼やしそこらへんのカフェにしとこか?」
「うん、いいよー」
アカン、早希の胸にしか視線がいってない気がする。
店に着いたらフルボッキしてまうやろなぁ、なんて考えながらカフェに向かいました。
サンドウィッチを食べながら早速勝負に出ました。
「お酒飲んじゃう?」
「えー昼から?まぁいいけどーお酒好きやし」
キターーー
これでホテル行きのチケットは頂きました。
ハイボールやグラスワインを飲ませると早希は顔が赤くなり酔っているようです。
「じゃーそろそろ行こか?早希ちゃんだいぶ酔ってんちゃうん?」
「うん、大丈夫。どこ行くの?」
「ちょっと休憩しよっか?」
「えっどこで?」
「んーと、ホテルとかどう」
「え??いきなり??」
「いいやん。行こう、休憩するだけやし」
「ほんとにー?うーんじゃ行く?」
「うん。行こ行こ」
ホテルに着くなり早希を抱き寄せてキスをしました。
早希は驚いた様子もなくすんなり受け入れてくれましたが口は閉じたままです。
舌絡めようと頑張って耳を触ったり髪を撫でたりしましたがやはり口は閉じたままです。
我慢できなくなり「早希ちゃんも」というと少し舌を絡ませてくれました。
そして胸を揉んだのですがやはり巨乳です。
そして念願の質問をしました。
「早希ちゃん何カップなん?」
「え?何カップでもいいやん」
「え?教えてや、めっちゃ気になる」
「てかずっと見てたやろ」
「やっぱバレてた?」
「うん。私めっちゃ見られるし慣れてるからいいけど」
「で、何カップなん?」
「知らん?」
早希のペースになっていたので上を脱がしておっぱいを舐め回しました。
おわん型おっぱい、そしてピンク色の乳首の味は最高でした。
「美味しい?(笑)」
「うん、最高」
そして下も攻めました。
スカートはそのままでパンツだけ脱がして僕は犬になりました。
「やっ、あんっあっ」
「こっちもめっちゃ美味しい」
「うーん、ダメ?あー」
「美味しい、早希ちゃんの」
お尻の辺りまで舐めまくりましたので今度は僕が舐めてもらう番です。
早希のアソコが洪水状態なので入れたくなりました。
「早希ちゃんもー入れていい?」
「えっ」
「あーもう無理、ほらっあっ入っていく。あーめっちゃ気持ちいい」
「あーーーあっあっあっ」
「早希ちゃん早希ちゃん早希ちゃん」
「ん?あっあっあっ」
正常位で頑張ってましたが体位を変える余裕がなくなりました。
締まりの良いアソコや揺れる巨乳を見ていると発射したくなってきました。
「あー早希ちゃん、もーイキそう」
「あっあっ中はダメやで」
「うん早希ちゃんの顔にかけていい?」
「うん。いいよ。はぁはぁ」
「あーイクイクイクイク」
「あーーーー」
「あーでる」
痙攣するそれを僕は抜いて早希の顔にもっていきました。
ドピュドピュドピュドピュ
早希の顔に見事命中しました。
生え際から精子が垂れてる早希の顔の美しさといったらありません。
「早希ちゃんめっちゃでた」
「はぁはぁ、凄いね」
その後ダラダラと休憩してホテルを出ました。
「また会おうな」
と僕が聞くと、コクンとうなずいてくれました。
出会い系サイトであった最高の出会いです。
出会い系サイトマジサイコー

 

Categories: hs